四季工房について

大きい窓にする

四季工房とは、住居に住む人により味わいが増し、住む人に愛されるかけがえのない家作りをコンセプトにして建築が行われています。四季工房は東京、埼玉、岩手、福島などにあります。 四季工房の手がける家は、日本古来からの木造住宅の形式が多く、住居内外に木が多く使われています。国産の木材を多く使用し手仕事で行われることや夏涼しく冬温かいというエアパス工法などが使われています。 四季工房の類似・競合のサービスとしては、従来からある大工業者、木工業者などとの提携です。現在大工業、木工業は高齢化しており、若者の就労者が少なくなってきています。そのような業者と提携することで仕事量が増加し、収入も増え、就業者数の獲得につながってきています。

四季工房は建築に関わり、日本国産の木材を多く使用しています。また壁などは左官職人が丁寧に仕事を行い、丈夫な壁が作られています。また畳も畳職人が丁寧な手仕事で作ったものが使われています。 木を多く使用した木造建築が減少していく中で、あえて四季工房は日本古来からの木造建築を大切にしています。また、家の様々な部分にそれぞれの職人が丁寧に仕事をしたものが使用されています。四季工房の坪単価は平均55万円です。また、夏涼しく冬温かいという温度差の少ない住居作りであるエアパス工法を使用しているものですと、40坪の価格は2200万円からと言われています。住居者の人の希望や間取りなどを聞いて、それに応じた住居を作ることになるので、金額は上下します。