任意売却について

ナチュラルテイスト

不動産が購入した価格より高く売れる事態においては任意売却などという言葉が使用されたりそういった行為を必要とするケースもありませんでした。しかし景気の悪化などにより不動産の価値が購入時の半値程度など急激に下落したことでその仕組みが利用されるようになりました。 任意売却はローンの支払いなどが困難な場合に銀行やローン保証会社などの債権者が強制的に行う競売での売却を避けるための方法です。任意売却により不動産を売却することで競売で売却するよりより多くの利益を得ることができるのです。ですから当然返済できる金額が増えよりその後の選択肢が増えるといえます。 とはいえ任意売却は不動産の持ち主のみで売却を決定することができません。さらに場合によっては長い時間が必要になる場合もあるのです。まず第一に返済できるような計画を立てるべきですが万が一返済できなくなった際にはいち早く債権者や銀行に相談する必要があるのです。

ただ任意売却を行うことを決めるのではなくその後の最終的な着地点をしっかりと決めてから計画を行うことが大切です。 着地点とは任意売却後に自己破産をするのか、残っている額を減額してもらい返済するのか、月々の返済金額を下げて返済を行うのかということです。任意売却自体としてすることは同じですが、全体の流れは大きく変わってくるのです。 更に債権者が銀行から住宅ローン保証会社へ移行してからでは競売にかけられる手続きが進められます。そうなると場合によっては任意売却ができない他、競売との同時進行になる、競売の取り下げ費用が発生するなどの負担が発生することもあります。返済不可能と分かった時点で対応することでこうした無駄な費用をかけずに済むのです。一人で悩むのではなく役所などが主催している無料相談会などで誰かに相談することで状況は前進するのです。