マイホーム購入の際に

大金を支払う

マイホームである不動産を購入するには大きくわけて一戸建てかマンションかの選択肢があります。以前はマイホームといえば一戸建てのイメージが強かったのですが最近では特に都会ではマンションを購入する方が多くなっています。マンションは一戸建てと異なり同じ階に部屋がつながっているため移動が便利です。また都会では土地の価格が非常に高いため一戸建て購入は難しくマンションを購入する人が多いです。一方一戸建ては土地も含めて自分のものとすることが出来、いわば一国一城の主となります。家の土地も含めて自分の思い通りにリフォームできることも一戸建てのメリットといえます。持ち家不動産が不要となった時に老朽化した家を取り壊して立て直して売ることも出来ます。

今後も都会はマンション派、田舎は一戸建てを購入する傾向が強くなっていきます。不動産は非常に高額な買い物なので綿密な資金計画が重要となってきます。長い年月をかけて支払いをしていくので返済計画は実生活に無理のない金額に設定することが大事で、過剰な支払額を設定すると実生活が苦しくなってしまいます。最悪の場合、ローンが払えず実生活にも困ってせっかく買った不動産を手ばなくてはならないといった事態もありえます。そうならないためにも普段の支払いは残業代やボーナスなどの臨時収入は返済の当てにすることなく、繰り上げ返済として考えておくこと、また返済期間は定年までに完済できる設定で考えることが大事です。退職金も必ずしも当てにできるものではありません。